ヘルメットを着用した女性

廃油を処分する方法|廃棄物処理を行う時のルール

サイトリンク集

  • 有限会社林製作所

    廃棄物処理に役立つ専用機器はこちらで購入出来ますよ。価格をご覧になると良いでしょう。目的に合わせて選ぶことも可能です。

ガレキを再利用できる

工事現場

解体工事や土木工事などの現場では、ガレキや産業廃棄物が出るため、ガレキ選別が必要になります。ガレキ選別でガレキを素材別にわけ、再利用したり適切な処理ができるようになります。ガレキ選別を行っている専門業者は、ガレキの収集から処理までを、行えるので人気があります。

もっと読む

会社の廃棄物の処分

工場

会社が事業をおこなう過程で廃棄物が発生した場合、それは混合廃棄物の可能性があります。混合廃棄物の場合は、処分するためにはそれぞれを分離しなければいけないので、まずは処理業者に相談することをお勧めします。

もっと読む

捨てる時の注意

パイプ

一般的な廃油というと、家庭ではサラダ油などを思い浮かべますが、事業用の潤滑油や大量の調理油なども廃油として扱います。こうした廃油は法律で決められた方法で処分しないと違反となって処分されることもあるため、決まりに沿って処分する必要があります。潤滑油であれば機械のメンテナンスを施す時に出る廃油として一時保管しておき、ある程度まとまってから処分しても良いでしょう。しかし、長期間保管していると揮発して危険な場合もあるため、定期的に回収をしてくれる業者に依頼したり、法人で産業廃棄物として積極的に処理していく必要があります。揮発した気体を長期間慢性的に吸引していると障害が発生することもあるので間違った扱いは非常に危険です。

廃油は産業廃棄物に分類されるため、市町村のごみ処理場では扱うことができません。業者がそれぞれに廃棄していく必要があるので、どんな廃油で、どの程度までは保管しておけるのかをよく把握しましょう。揮発性のものでも密閉容器に保管しておければある程度まとめられますが、量が少ない場合には揮発できない状態にしてから気温や湿度管理もしながらまとまった量になるまで保持しておくと一度の廃棄コストを抑えることもできます。産業廃棄物を処理してくれる業者のサービスに応じて会社側でとるべき対処法は変わってくるので、定期的な回収をしてもらえるのかどうかも事前にチェックしておくとよいです。基本的に一時保管が必要になるので、漏出しないような工夫が最も大切です。